中学受験と息子の頑張り

中学受験は、息子の戦いでもあり、また間違いなく、親である私の戦いでもありました。本当に心身ともに疲れました。しかし、今となってみれば、いい中学受験ができたと思っています。息子も最初のうちは、とにかく独学で勉強をするんだと言い切っていました。しかし、受験勉強を進めていく中で、自己流の勉強方法に限界を感じ、進学塾に通いたいと言い出してきたのです。

私も母親ながら、進学塾のことを、最初のうちは、よく解からなかったのですが、同い年の子を持つ親御さんの何人かに聞いてみたところ、評判が良く、利用をさせていただく運びとなりました。息子自身も最初は、戸惑いながら、徐々に自分自身の目標をつかんだようで、積極的に進学塾に通うことに取り組むようになりました。私もそんな息子を応援すべく、塾への送り迎えはもちろんのこと、息子のための夜食づくりなども行い、かげながら応援をしていました。時には、私自身の用事で送り迎えができないこともありましたが、友達の親御さんにお願いをして、何とか通い続けることができました。その甲斐もあってか、無事に志望校に合格することができ、中学受験を無事に終えることができました。親としても嬉しい限りです。