模擬試験で経験を積む

中学受験の勉強を自宅や塾などでおこなっていくことも大切ですが、ある程度のところまで勉強が進んだときには模擬試験を受けることも考えておきましょう。塾の場合にはこうした内容も塾サイドで整えてくれるのですが、独学や家庭教師による勉強をおこなっている場合にはママが模擬試験のことを考えてあげましょう。模擬試験はその名の通りに模擬的な試験であり、つまりは練習です。しかし、その採点結果がきちんと出ますので、今の自分の学力がどの程度あり、志望校に入ることのできる可能性がどの程度あるのかを知ることもできます。

そのため、今の自分の立ち位置を把握するために役立ち、その後はどのような勉強をおこなっていくのが良いのかを知ることができるわけです。客観的に自分の評価をしてもらえますので、とても重要なのです。また、試験会場の雰囲気を味わっておく意味でも重要です。本番の雰囲気に慣れておけば、本番の試験において緊張してしまうようなことがないわけですから、模擬試験をおこなって慣れておきましょう。何度も受けておけば、受験日当日に現場の雰囲気にのまれてしまって、実力が発揮できないなどということはないわけですから、使っておくべきです。