親の言動を子は覚える

ママはお子さんの言動などにおかしなことがあると、一体どこでそんな言葉や態度を覚えてきたのだろうかと考えてしまうものです。しかし、小学生の場合、その原因が親にあることも多いのです。自分ではさほど意識していなくても、ママの言動などをお子さんが見ていて、それを真似していることもあるのです。もちろん、学校や社会でそのような言動を覚えているケースもありますが、小学生の場合にはたいていが親から覚えているのです。そのため、これから中学受験をおこなうにあたり、ママは今まで以上に言動に気をつけたいものです。

その言動を覚えて、面接等で本音が出てしまうことがありますので、そうならないようにするためにはママがいつも気をつけていることが重要なのです。ママの言っていることやっていることはお子さんが真似してしまう、学習してしまうということを前提に向き合っておかないと、予期せぬ結果を招いてしまうことがあるのです。あとから悔やんでも意味がありませんから、受験が終わるまでは細心の注意を払っておきましょう。意外と見落としがちなポイントではありますが、面接においてはとても重要なポイントになりますので、しっかり実践してください。