志望校を現実的に設定

ママとお子さんがタッグを組んで中学受験をおこなうとき、まずは志望校を決めなければなりません。この志望校選びは様々な視点からおこないたいものですが、もちろん一番大切なことは、本人や親が通いたいと思えるかどうかです。また、その学校に行くことによってメリットが得られるのかどうかということです。これらは必須条件とも言えます。このようなポイントにおいて何も本人たちが感じないようであれば、そのような学校に行く意味はないわけですから、そのことだけは覚えておきましょう。また、校風など学校の雰囲気も重視しておきたいものです。

さらには、その中学からどのような学校へと進学している生徒が多いのかなども重要ですし、物理的なことで言えば通学のためにかかる時間なども考えておきたいものですし、ママの立場で言えば経済的な部分も考えておきたいものです。いずれにしても志望校はただの夢物語を語るのではなく、現実的なレベルで考えておきましょう。非現実的な目標を定めてしまっても、大変な思いをするだけですし、入学後も辛いことがたくさんあるはずです。そうなってしまうことが良いのかどうかも本人次第ですが、できれば現実路線がいいと言われています。